こだわりの什器備品を取り付けた家

海の見える高台の茶室付の土地を気に入られたクライアントより、自分らしい家にカスタマイズして欲しいと依頼を受けた。
「少しお洒落でどこか懐かしい」昭和の洋館的な雰囲気を持たせながらもアーバンな感じも、まるでクライアントの夢の中で描いた風景を取り入れた。
海が望めるポイントに全開放サッシュ、その先には広いウッドデッキを。リゾートホテルライクなパウダー&バスルームは入浴したまま海を望むことが出来る。
照明器具、インターホン、TVブラケット、手摺といった簡易的な取付程度の什器備品はクライアント自らがこだわりのあるデザインのものをamazonから入手し、工務店に取付けて頂いた。ある時はamazon U.S.A ある時はamazon Germanyから。 アンティークな硝子戸やレースのカーテンなどはネットショップやヤフオクで手に入れた。 amazonに代表されるネット上からのパーツで完成した家だから、「あまぞん的ハウス」になった。
ここまでの道のりは簡単ではなかった。何しろ特殊なルートで入手した未知数のパーツを使うのである。水漏れや漏電、耐久性など危険要素満載である。クレームの嵐になり兼ねない。それらを十分理解 し、自己責任と受け止めてい頂いたクライアントの熱意と包容力、工務店の献身的な協力に於いてだけに成しえた、唯一無二の「奇跡の家」なのである。
桜咲く、高台の元茶室では、ターンテーブルにそっと針を落とし、お気に入りの椅子に腰かけ、お気に入りの紅茶を飲みながら、お気に入りの音楽を聴きながら過ごすクライアントの心地よい時間が始まったのだった。

こだわりの什器備品を取り付けた家

従前のお茶室と計画の模型

こだわりの什器備品を取り付けた家

桜の花を部屋から眺めていたいとクライアントの強い要望で桜の大木を数本残したまま工事を進めた。
その甲斐があって、工事中部屋から眺める桜の花は唯一無二の豊かな時間が流れた。

こだわりの什器備品を取り付けた家数年来の相棒のクライアントの愛車、スマートコンパクトなガレージにピタッとおさまる。

こだわりの什器備品を取り付けた家玄関ドアを開くとそこは広々ワンルーム。床面積はとても小さいのだが、縦方向ののびやかさ、
窓からの借景で随分と広がりを生み出した。こだわりの什器備品を取り付けた家 正面のグレー色の引戸はヴィンテージ建具をオークションで購入した。味わい深いソーダガラスと細い格子が良い。
こだわりの什器備品を取り付けた家

こだわりの什器備品を取り付けた家 上の4枚の画像の中でクライアント自らamazonで調達した什器がそこここに、、、

こだわりの什器備品を取り付けた家 海を眺めながら入浴、人生のおいて中々出来ない体験である。。

こだわりの什器備品を取り付けた家星空を眺めながらの就寝はどんな夢がひろがるのだろうか。

こだわりの什器備品を取り付けた家

2018.5
神奈川県中郡
延床面積 30.0㎡
建築費の目安 2500万円+別途設計料(建築費の10%)
取材協力   STUDIO ES (スタジオ・エス)
 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 


作品集へもどる