ハウスメーカーVS設計事務所

ハウスメーカーと設計事務所、どっちにしよう?
ハウスメーカーにも設計士さんがいますが、建築家・設計事務所との違いを簡単に言うと、ハウスメーカーの設計士さんは施工会社の人で施工会社からお給料をもらっている人。建築家・設計事務所は施主の代理人として施主さんから設計料をもらい施工会社も選ぶ立場にあります。
つまり、施工ありきのハウスメーカー仕様の設計がいいか、施主の希望を一番に考えた設計を最優先する建築家・設計事務所仕様の家がいいかと言う話だと思います。
全部まとめて簡単な打ち合わせでお願いできて実績もある安心なハウスメーカーの方がいいと言う人もいますし、
手抜き工事や欠陥住宅が流行る昨今では施工と設計は分けて建築家・設計事務所にチェックをしっかりしてもらい、
念願のマイホームなのだから何度も打ち合わせをして自分と家族のこだわりや夢を建築家・設計事務所にくみとってもらい、それを形にした建築家・設計事務所の設計の家を望む方もいます。
あなたの考えでお選びください。
設計料は高い?
「設計料って高いなぁ」
私もローンを組んで家を建てましたが(もちろん自分の設計で)
土地を買ったら仲介手数料とか登記料とかかかり、
家を作るときには水道加入金や団体保証制度の保証金、ローン手数料、火災保険料、カーテン、照明器具、外構、引越し代、などの出費でお金がかかったものです。
更に、設計料を捻出するとなると結構、勇気と決断がいるものです。
ところで建物の施工上に於いて、第三者的設計者が介在しない建物のチェックは一体、誰がするのでしょうか?
現場監督?大工さん?クライアントには勿論よくわかりません。
デザインはどうでしょう。
クライアント側で「天井を丸くしたい」という希望があるときに「うちでは対応いたしかねます」や「オプションになります。」といった後ろ向きの対応ではせっかくの楽しい住まいづくりのモチベーションも下がってしまいそうです。
建築家・設計事務所とは天井を丸くしたいのであれば
「そのまるは渦巻きですか?カマボコ型ですか?ドームですか?」
「ドームから星が見れるようにしますか?」
「施工的にこうやれば可能で比較的安く出来そうですよ」
といった心躍る提案を限りなく出し続け、
下がりにくい見積りにはあの手この手を使って下げ、
クライアントの利益を最大限に出すことを生きがいにしているものなのです。
建築家・設計事務所が介在することによってブラックボックスと呼ばれる見積書の中味を
整理して、無駄の無い、良質の住宅が生まれ、結果的にはコストダウンに
つながるのです。
それらを差し引けば設計料は意外と安いと考えますがいかがでしょうか。
リフォームは?
「リフォームはやっているの?」
もちろんやっております。
新築の仕事の陰に隠れてなかなか発表出来ていません。
(リフォームは既に生活しているので写真を撮るタイミングがなかなかありません。)
結構、面白いリフォームをさせていただいております。
劇的に変わる空間が好きですね。
設計事務所って怖いところ?
「設計事務所って敷居が高そう?」
「行ったらもう決めないといけない雰囲気にさせられてしまうの?」
いえいえそんなことはございません。
建築家・設計事務所の人は皆、死ぬほどデザインが好きなのでおしゃべりは逆に下手かもしれません。
そんなちょっとはにかみやのシャイなおじさんばかりです。
ガラスの心の人が多いので優しくしてあげてください。
建築家の服装
「建築家ってみんなマオカラー?」
本当はもっと変な格好したいのだと思いますよ。
カトちゃんのハゲかつらに丸めがねとか、アマチュアレスリングのタイツを着るとか
でもそれをやるとお客様が引いてしまってご飯が食べれなくなってしまうのです。