お坊さんを癒すBOSE HOUSE 

60ハウスコンセプトに共鳴されたクライアントから、半分隠居生活を送るべく、60ハウス を離れとして建てたいというご相談を受けました。クライアントは由緒あるお寺のご住職。 お寺の敷地内の元借地だった場所に建築したいことことのご希望。早速、調査をした所、独 立した家を建てるには道路のことや進入路のことや色々と厄介な問題があり、建物本体以外 に掛る費用も多く、また、そこに家を建てることで敷地内のお堂や鐘撞堂など将来、法的に も支障をきたす恐れがある為に、別の解決策を練ることになりました。いくつかの提案の中 でクライアントが選んだプランは使わなくなっている空家をリノベーションしてクライアン トのご子息である副住職ご夫婦の新居として使うという案でした。
お寺の庫裏からも近く、 クライアントご夫婦との距離感も良い感じになるだろうとのご判断。その空家は35坪程度の2階建て。築40年以上とのことでしたが先代 から存在していたので良く判らないとのことでした。現況調査をしたところ2階の床もガッシリ組まれているようで揺れも少なく、檀家の 工務店さんがしっかりと造られたようです。1階は板の間のDKと居間+座敷。2階は座敷が2部屋。工務店さんが大事建てて、住み手が 大事に使った、時代を超えて温もりが伝わるようなそんなヴィンテージ感を少し加えたお若い副住職ご夫婦の為の家を計画致しました。
お寺のお勤めはいつでも人々の求めに応じられるように待機していることが多いとのことです。そんなおからだの制約が多い中、プライベ ートな時間を穏やかに過ごすひとつが「気に入った環境に身も心も包み込まれる」ことだと副住職はおっしゃいました。ケーブルひとつで 地球の隅々を体験することが出来るこの時代、躍動感あるスポーツや感動のエンターテイメントを美しい映像と澄んだ音で体感することが こころの開放になります。そんな、副住職の第一のご希望で叶えられたのがBOSEのシステムでした。BOSEHOUSEの誕生です。

お坊さんを癒すBOSE HOUS 築40年以上の住宅ですが、大事にお手入れをされており、コンディションは良好でした。南側は遮るものもないので、全室南向きの素直な間取りを考えることが出来ました。

お坊さんを癒すBOSE HOUS

東側の大樹を整理してガレージを設えました。外壁にはクライアントが「こころ安らかになれる場所」のアイディンティティーとして、イニシャルが横になっているサインを設えました。

お坊さんを癒すBOSE HOUS

お勤めの場所と住居が近いことからなるべくプライバシーが保てるように南側テラスはプライバシーフェンスで囲いました。北側の母屋とは外観のカラーを同期させて一体感を醸し出しております。

お坊さんを癒すBOSE HOUS

左 ガレージ横が玄関なので引戸を採用。

中央 正面は段ボールやベビーカーなどの大物収納。

右 玄関ホールに併設された下足コーナーは副住職のアイデアです。確かに便利です。

お坊さんを癒すBOSE HOUS 構造は一度スケルトンにして適宜補強を施す。

お坊さんを癒すBOSE HOUS

左 南側掃き出し窓は外部のウッドデッキと一体になり、広がりを演出しておりますが、この日は明るすぎて見えません。窓上には本棚を設けましたが、Yogibo置場として活躍してます?

右 同サイズ、同質の引戸を多用して空間を整理しました。左から2番目の引戸は階段用で、暖気、冷気を遮ります。

お坊さんを癒すBOSE HOUS シンプルなキッチンスペースがお好みな副住職のアイデア満載です。シンク上部には水道管を黒色塗装したバトンを設けて色々吊るせるようにしました。背面カウンター下には一見すると食器や食材の収納家具も、実はゴミ箱になっております。キッチン作業中にも正面モニターの映像がクリアに観ることができます。

お坊さんを癒すBOSE HOUS

あまり存在を主張させないのがBOSEの特徴なので「BOSEHOUSE」の割には写真映えがしません。有機ELの繊細な映像とクリアなBOSEサウンドに包まれる上質な時間がここで味わえます。

お坊さんを癒すBOSE HOUS 引戸を開けば左側には下足スペース+玄関ホール、右には生活収納スペースが現れます。

お坊さんを癒すBOSE HOUS

左 ホテルライクな洗面化粧室。

右 1Fトイレには作って便利な引戸があり、メンテナンス用品やトイレットペーパーが入り、非常用進入口も兼ねてます。

お坊さんを癒すBOSE HOUS 転げ落ちそうな階段からゆったりした回り階段に変更し、母屋の庭先が眺められる大きな窓を取りつけました。階段ホール脇には3帖のワークショップを設けて奥様の作業スペースとしました。

お坊さんを癒すBOSE HOUS予備室

お坊さんを癒すBOSE HOUS 元々2階は南側に廊下があり、北側部屋がありました。朝の気持ちよい明りと風が吹き抜けるように部屋を南側に移動させました。

お坊さんを癒すBOSE HOUS 寝室

 

お坊さんを癒すBOSE HOUS

お坊さんを癒すBOSE HOUS ウォークインクローゼット

お坊さんを癒すBOSE HOUS 2Fトイレ

2019.7
神奈川県足柄上郡

1階床面積 44.71㎡
2階床面積 44.71㎡
延床面積 89.42㎡

建築費の目安 2000万円+別途設計料(建築費の13%)


最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 


作品集へもどる