自分だけのオンリーワンハウス
自分だけのオンリーワンハウス

Only one house

幕の内弁当って、具材が色々入っているけど全部が好きなわけじゃない。
シイタケが苦手とか、漬物とか、甘納豆とか、、

家に当てはめてみても幕の内弁当的家ってありますよね。
「最初から全部ついてますから!」みたいな。
けど、依頼に来られるクライアントからこんな要望も結構あります。

「ユニットバスの小物置場の掃除が大変だから要らないよね」
「鏡も曇るから要らないよね」
「トイレには窓がない方が生花が長持ちするから要らないよね」

…そんな時こそアトリエシゲの出番です。

と、いうことでそれらを無くしたり、変更したりします。

今回のクライアントFさんもそのひとり。
幕の内弁当よりもイクラ丼、シラス丼、鉄火丼派。
カップ麺で言えば「謎肉」だけを大量に載せて食べる感じ。

家もそうであっても良いのではと、Fさんの数十年来に渡り考えてこられた家を叶えました。

・外出時は冷蔵庫とインターホンの電源のみ通電し、他は全て遮断
・1階にはモーターバイクがメンテナンスできる土間
・ご自身の身長に優しい高さのキッチンはH=950mm
・対面カウンターでの食事は脚が窮屈にならぬ様に足元に開口部を設ける
・入浴中にTVが観れるように室内側に窓
・単身専用住宅なのでトイレに仕切り無

居間の床を高くすべくFさん、只今、工作中です。

 

2018.3
神奈川県小田原市

1階床面積 29.81㎡

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

作品集へもどる