新横浜のリフォーム
新横浜のリフォーム
新横浜のリフォーム

「新横浜のリフォーム」

 

ご両親が永年居住された築約50年のお屋敷。お嬢様であるクライアントにとっても社会人になるまで、2階の部屋から外の景色を眺めていた思い出の場所。その愛着ある家はご両親が他界されたことにより、空家となった。広い敷地と丘の上に建つ眺めの良いこの場所には
ディベロッパーからひっきりなしに引き合いがあるという。

現在、賃貸マンションに居住中のクライアントより、残された思い出の家と今後、どう向き合って行くのか、自分たちのこれからの人生が少しでもハッピーになれるかといったご相談を受けた。

築50年のお屋敷は父上がこだわったと思えるディディールが随所にみられる渾身の家。定期的な手入れもよくされており、構造もしっかりしていた。キッチンセット、浴室、洗面所などの設備機器、天井、壁、床の内装材を新しくすることで十分住めるのだが、建物が50坪近くと大きいので物理的なリフォーム費用が多くのしかかる。今後の人生の為にも蓄えが欲しい。更地にしてコンパクトな新築という案もあったが、解体費用が重荷で踏み切れない。よって最終的な目標は「明るい部屋」「なるべく暖かい部屋」「メンテナンスが楽な部屋」予算はソコソコでのリフォームということとなった。

ガレージのゲートは塗替え、戸車の調整をし、ネットフェンス取替、目隠しフェンス取付をする。

アプローチ階段の床の洗出し仕上げの目が詰まって掃除が大変だということで、タイルを貼る。

玄関ドアは当初、アルミドアに替える予定だったが、せっかくの佇まいを生かして急遽、木製に変更した。

玄関ホールは北側で暗かったので、出来るだけ明るい色を使った。段差も高かったので、式台を増やしてステップを楽にした。

台所は施工範囲が悩ましかった。全部やり替えると予算が足りないのでカウンターハッチはクリーニングのみとして再利用した。古さと新しさを上手に同居させれば決して悪くないものだ。プロパンガスを止めて、IHクッキングヒーター、エコキュートのオール電化住宅とした。

このお茶の間がこの家の一番居心地よい場所。眺めもよく、風も良く吹き抜ける。畳を止めながら掘り炬燵は気にいっているとのことで、ワンサイズ大きくしてご夫婦が並んでテレビが観れるようにした。掘り炬燵を使わない時は床とフラットになるように収納できる。工務店さんの力作である。

応接間だった部屋。亡き御父上が仲間と麻雀大会を開いていた賑やかな空間だったという。今度はご主人が静かに穏やかに住む部屋に。。。

一番奥の和室だった部屋は奥様のお部屋に。

洗面所はシャンプードレッサーで機能的にし、浴室は暖かく、手入れも楽なユニットバスに変更した。洗面所のドアや収納はそのままクリーニングで仕上げる。幾何学ガラスがお洒落。

木製窓を断熱アルミサッシュに変更する。掃き出し窓の床部分が少し高くなるので、段差に躓きにくいように三角の材料を入れる。

既存のドアの下端がめくり上がっていたので、その部分の板だけを新しものと取り換える。
床に収納できる掘り炬燵。賃貸マンションでは実現出来なかったペットを飼いたいとの思いでドアノブも交換。

 

2018.8
神奈川県横浜市

建築費の目安 1500~2000万円+別途設計料(建築費の13%)

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

作品集へもどる