Young blood

上昇中の旅客機のように

20代中頃の若いカップルが結婚し、新しい生活を始めることはエネルギーがいること。巡航速度にたどり着くまでフルスロットルで上昇する旅客機のようだ。結婚して所帯を持つ、子供が生まれる。やっかいなことも増えてくる。当然だ。ひとりではないので、二倍三倍のトラブルが巡ってくる。そんなに親にも甘えてもいられない。勘弁して欲しい。ましては人生経験もこれからの二人には安全でほっとできる棲が欲しいと思うのは当然の流れた。私も早く家を持ちたいと思っていたので気持ちがわかる。

 


土地<家

土地を買って家を建てるのは若い二人には経済的な負担がグッとのしかかる。どちらか譲歩するといったら、普通は家である。学校、コンビニ、スーパーまでの距離、日当たりは出来るだけ条件が良いのがよいから、優先順位は土地>家だ。でもご主人には夢があった。住んでてちょっと楽しい家。それを叶えるには普通の家ではできない。ちょっとした細工があちこちに必要だからだ。不動産屋さんに土地代と建築費の総額の上限をはじき出してもらう。予算オーバー。普通なら、建物代を削って土地に軍配が上がるのだが、ご主人はどうしても叶えたかった。坪庭のような浴室、段差のあるリビング、屋上も。不動産屋さんが勧めた条件のよい土地を選ばすにその後ろのそれより割り引いた土地を選んだ。そこまで身を削って想いを寄せた武士のようなご主人。



叶えたかったことはスケルトンの階段、リビングから繋がるウッドデッキ


段差のあるリビングダイニングBBQが出来るサイズの屋上

設計者、走る

私も期待に答えた。不動産屋さんに掛け合ったり、建築会社さんに交渉したり、ななんとかかんとか折り合いがついた。いや、つかせた。そして、設計者からはささやかながら、小窓をプレゼントした。木製の作りつけ、デザインガラスを入れて。その窓はダイニングと玄関ホールの間の壁にしつらえた。開くとキッチンから玄関ホールを眺めることができて、更に玄関ドアを開ければ、庭まで眺められることができる。キッチンに立つ奥様がご主人の朝食を作りながら子供を送り出す。子供が帰ってくる。元気な声と共に。元気な声でないときは、暖かいココアでもいれてあげよう。



キッチンから窓を眺める


気配を感じる窓玄関ホールを眺める窓風が流れる窓


日々を紡いでみよう

毎日、この小窓からどんなストーリーが訪れるのだろうか。楽しいとき、愉快なとき、沈みがちなとき、そんな毎日を撮り続け、子供が巣立つとき、すべてを繋げたビデオを皆で観てみてはどうだろうか。そこにはきっと、二倍三倍のシアワセに囲まれた時間が流れていることだろう。


神奈川県南足柄市
2004.8
1階床面積 46.37㎡
2階床面積 46.37㎡
PH床面積 2.48㎡
延床面積 95.22㎡
建築費の目安 
1500~2000万円+別途設計料(建築費の13%)

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 


作品集へもどる