児童福祉施設等に用途変更する

以前、住宅の設計をご依頼頂いた Mさんより、お住まいの住宅を障 がい者の作業所へ用途変更して欲 しいとの相談がありました。ご苦 労の多いお仕事、一助になればと 思いお手伝いをさせて頂きました 。仕事を通じて判ったことは、障 がい者に対する理解が世間的には まだまだ薄いということ。障がい 者というと「身体障がい者」とひ とくくりに思われて、役所の窓口 によってはバリアフリー対策を重 視するように求めらたりしました 。実は障がい者には「身体障がい 」の他にも「精神障がい」「知的 障がい」があります。「知的障が い」の場合は身体的に充実してい るので、極端なバリアフリー化が いらず、むしろ運動や軽作業を充 実すべく活動スペースの確保が重 要になります。しかしながら、建 築基準法では「福祉施設」という カテゴリーに該当するので過剰気 味なバリアフリー化を求めれられ てしまいます。県条例のバリアフ リー基準ではまた別の呼称のカテ ゴリーに含まれてしまう為に、窓 口担当同士でも案件ごとに協議し ながら進めなければならなかった りします。このような感じでいら ぬ設備が増え、運営側としては痛 い出費です。基本的には介添人が つくので過剰な設備は必要ないの です。利用者さん達をサポートす るスタッフの皆さんの献身的な後 姿を目の当たりにして、社会全体 でサポートしなければならないと 感じました。