「行けば分かるさ」と、
アントニオの猪木さんも仰っていたように、
行かないと分からないこともある。
そんな旅だった。

月夜に抱かれ、サハラ砂漠を駱駝に乗って朝日を眺めに行った。
満天の星空の中でらくだの影を追いながら感じたことは、

何処までも澄み渡る静寂。

砂が全ての音を吸い込むのだ。

無音の空間に包まれたとき、ひとは何を感じるのだろう。

Don`t think feel

あの丘の向こうにはどんな景色が広がるのだろう。

そんな探求心が人生という旅を豊かにしてくれると思う。