大正昭和レトロな複合賃貸住宅

RY-名称未設定 1
なでしこハウス再び。(高付加価 高収益型 賃貸住宅)
2002年に完成した大正昭和レトロな住宅を今また紹介させて頂きます。
「大和撫子」という日本女性の楚々とした美しさを表現した言葉がもっとも相応しかった
大正から昭和にかけての時代、同時期に多く建てられた西欧のハイカラな文化を取り入れた
洋館にオマージュを込めて、※「なでしこハウス」と命名しました。
開業医や地元の名士さん達が競って建てたこの洋館建築は当時、
数寄屋建築と肩を並べる程人気が高く、国道一号線沿いの店舗にも未だに点在をしており、
落ち着いた雰囲気を醸し出しております。
※なでしこハウスの住人をイメージしてもいます。
RY-通路
2001年に品川区戸越にお住まいのご両親宅を建替えるべく、ご子息から相談を受けました。
およそ70坪の敷地に古家と広めの庭にお住まいとのことでした。
都内の地価は高く、毎年の固定資産税も悩ましいところです。
ご子息は建替えに際して家賃収入が見込める賃貸併用住宅を希望されておりました。
1.2階を賃貸にして3階をオーナー宅とした四角い集合住宅をイメージしていたらしいのですが、
通りに出るまでの通路の幅が1.8m程しかなくとても車が入ってこれない場所でした。
駐車場を造っても肝心な車が入って来れません。
土地の有効活用、資産価値、相続税対策で賃貸型集合住宅が乱立する昨今において
駐車場が無いのでは苦戦を強いられること間違いありませんでした。
RY-前の通り
四角い集合住宅というのも気になりました。
ありきたりの建物では経年劣化と共に住民は新しい賃貸に移ることでしょう。
同じ土俵での戦いはもはや「戦わずして負け」の様相を呈しておりました。
そこで今回は駐車場を必要としない、
車を持つことに価値を見出さない人や建物の経年劣化(エイジング)を
慈しむ心のある人をターゲットにすることにしました。
RY-模型上から
いくら経年劣化を慈しむといってもゴースト化してはなりません。
エイジングが美しく思える建物は何かを考えました。
桜の花のバックに写っていた学び舎、
旅行先で訪ねた港町の街並み、、
そんな楽しい想い出と共に洋館には良い記憶が残されていました。
金属やコンクリートの建物に無い風格と落ち着き、
時を重ねることに魅力を増して行く洋館こそ、
今回のコンセプトに相応しいと考えたのです。
建物も隣家同士が壁や床で繋がっているアパート形式では
隣の音や抜けない風などでストレスを感じてしまうものなので
小さくても一戸建てを目指しました。
こうして小さい一戸建ての洋館の街並をイメージするまでには
そんなに長い時間を必要としませんでした。
導き出したプランはオーナー棟1+レンタル棟2=3棟構成としたプランです。
RY-模型2
建物キーワードは・・・・
瀟洒な
趣味の良い
清潔感ある
住む人がその建物を所有することに喜びに感じられるような・・
住む人のプライドをくすぐる要素をちりばめて
隠れ家的なつくりにして
「こんなところにこんなおしゃれな洋館があったんだ」
と噂になるような存在をイメージしました。
レンタル棟のターゲットは20代後半から30代の独身女性と新婚カップル。
電車やタクシーで移動することをおしゃれ(東京を住みこなしていると感じている)と考える層。
車が無くても苦にならない層。
仕事をバリバリこなし比較的経済的にも潤っている層。
高付加価値なら多少の家賃高をいとわない層。
(この層は滞納などのトラブルも少ないデータが出ている。)
(部屋を綺麗に使う)
(回転が速い)
(夜が比較的、静か)
仕事が終わってから自分だけの時間を楽しみたい層。
愛読書イメージは
「CREA」「クロワッサン」
好きな雑貨
「無印良品」
RY-模型1
パンツをはきこなし、デイバックを背負い、クロスバイクで颯爽と通勤。
アクティブに仕事をこなし、帰宅後はワインを飲みながらゆっくりと
新聞や雑誌を乱読する。
時には浴室でアロマキャンドルなどを炊き、
ゆっくりと疲れを癒す。
独身女性は自分のいたわりかたを知っている。
「私の生き方って結構素敵じゃん!」と
うまく生きてきた自信でもありまた慰めにも似た感性を絶えずもっている。
休日は外出することが多い(恐らく銀座、渋谷、青山方面)
建物をさり気なく自慢するのにはホームパーティなどもたまにはする。
こうした住民イメージを持ちながら建物は完成しました。
RY-通路から見る
賑やかな通りから一本の細い通路を歩くとやがてその一部がみえてきます。
RY-ファサード
建物同士の配置は碁盤の目のように整然とせず、
むしろ木が生えるように自然な距離をおいて自由な角度で建てました。
通路は木立の中を散歩するように小道状にして鳥の声や季節の花を楽しめます。
RY-母屋棟外観
重厚感ある佇まいが住み手の心を豊かにさせてくれます。
RY-飾り
懐かしい外観に心癒される瞬間です。
RY-レンタル階段
RY-レンタル寝室
レンタル棟の二階リビングは屋根のカタチのままの天井です。
頂部には天窓をつけて光を導きました。
屋上へはタラップ風の階段をつけて
私だけの空間に向う演出をしました。
RY-屋上から
レンタル棟にはそれぞれ屋上があります。
一人でボーっと月をながめたり
気の置けない仲間とホームパーティーをしたり
屋上焼肉も楽しめる。
そこはどこからも干渉されにくい
プライベートな屋上。
低血圧症の方は日光浴も楽しめます(笑)
RY-母屋玄関
こちらはオーナー棟の玄関。
歳を重ねたオーナーにマッチしたデザインタイルがゲストを迎え入れます。
RY-母屋内観
「日本の大工さんが造った洋館」にこだわりました。
格子などは本来太く造るところですが、
日本の建具やさんが造ると障子の桟のように細くなります。
無骨な中にも繊細さがあるのが特徴です。
RY-母屋キッチン閉じる
建具の向うはキッチンです。
レトロなガラスの雰囲気を出したかったのですが、
ソーダガラスは手に入りません。
ステンドガラスに使うガラスを流用して、淡い暖かな雰囲気をだしました。
RY-母屋キッチン
実はこの建具はL型に開きます。
配膳台も現れて一気に使いやすくなるのでした。
RY-母屋居間天井
RY-母屋食堂
照明はホリゾントを設けたり、取り付け部にリングを入れたりしました。
ひと加えするだけでこんなに表情が豊かになります。
RY-欄間
RY-欄間その2
ドアの上の明り採りを欄間といいます。
ドア本体は既製品を使ってその上に建具屋さんが
同じ色と枠で仕上げて頂きました。
先程の照明やこの欄間を工夫することで、
高価に見えるこの建物が本当は結構、コストダウンをしていることが
お判りですか?
RY-母屋南側
オーナー宅はとにかく一番環境のよい場所。
そしてレンタル棟となるべく視線、音などで
干渉を受にくい建物での工夫。
(ストレスをなるべく少なくする。)
バリアフリーを多少考えた空間。
なるべく上下動を抑えたゾーニングとしました。
RY-母屋屋上
大きな屋上で日光浴です。
RY-母屋寝室
オーナーさまからのお話では
レンタル棟には翻訳家や上場会社の社員の方が住まわれたり、
お引越しされても直ぐに次の方が決まるといった嬉しいお話も頂きました。
軽快な金属の建物も良いですが、
自分と共に歳を重ねて味わい深くなる家はいかがですか?
アトリエシゲ一級建築士事務所