20101124_001.jpg
今年の夏の酷暑で窓際の床は
相当なダメージを受けてます。
床の手入れをしないまま放置しておきますと
フローリングのような複合床の場合、
下地のベニア板が紫外線で劣化して
表面が筋模様のようになってきます。
屋外の杉板などの板目がデコボコしているのと
同じ現象です。
メーカー側の取扱説明書通りに
半年に一度はワックスをかけましょう。
夏と冬にワックスは厳しいので、
春と秋の過ごしやすい午前中に
家族のイベントとして行えば楽しくなりますね。
なかなか忙しい日常なので年に1回という
お宅が多いですが(笑)


IMG_9943.jpg
最近のフローリングは画像のような
「ノンワックスタイプ」といって、
最初からワックス効果のある塗装が施した製品が増えてきました。
ワックスを掛ける必要がなくなったのです。
このタイプの床にいったんワックスを掛けてしまうと、
今度は永遠にワックスを掛け続けなければならなくなるので
少しだけ注意しましょう。
20101124_004.jpg
12年前の我家はワックスを掛けます。
20091205_027.jpg
無垢のパイン材はその柔らかな素材で、
足が疲れにくく人気の床材です。
自然木をそのまま使っているため、
柔らかいので衝撃に弱かったり、
紫外線による劣化が早かったりしますので
モノを落としそうなエリアにはラグマットを敷いたり、
窓際はカーテンやシェード、庇を上手に活用して
紫外線が直接当たらない時間を多くとりましょう。
ワックスは相性のよい、
蜜蝋ワックスがお勧めです。
20101124_006.jpg
12年前の我家は既製品フローリングなので
タオルでふき取ります。