20101103_231.jpg
朝から良く晴れた日、
塗装屋さんのHさんにご足労頂き、
塗装本番前に色の微調整をしました。


20101103_232.jpg
今回の建物はブラウンと白の色を使い、
落ち着きある空間に仕上げます。
たったの二色といえども各々の色の幅も
あるので慎重に吟味します。
20101103_236のコピー
ブラウン色は下地の木目を生かしながら塗りたいので、
オイルステインという油性の塗装を選択しました。
オイルステインを調合して、端材に塗り、
欲しいブラン色を見つけます。
20101103_234のコピー
カウンターのようなテーブルの天板をなに色で仕上げるか迷います。
1 集成材の木目をなくして、オイルペンキ仕上げで真っ白にしてしまう。
2 集成材の木目を生かしながら白で仕上げるべく、オイルステインの白色で塗り、布でふき取る仕上げ。
3 集成材の木目を生かしながら木の本来の色をそのままに残す、クリアラッカー仕上げ。
木目をなくしてしまうと、
せっかくの木の味わいが無くなるので、
クライアントのMさんと一緒に2番を選択いたしました。
20101103_235.jpg
階段の踏板は床材のブラウン色に合わせて塗りました。
同じブラウンでもあまり色が違ってしまうと、
落ち着かない空間になってしまうものです。
ちょっとした手間で
いつまでも気持ちよい空間が手に入るものです。