スーツケースについて

こんばんは、かぼちゃです。
あらあら、久しぶりすぎて投稿の画面の変化についてゆけません、笑。目が悪いです、ハイ。近眼の人は老眼になりにくいというのは多分昔の話で、うん十年間コンタクトをメインに使っていたからか、もう、近くも遠くも見えません(大げさかもしれませんが…かなり見えにくということです)増して夜の暗さと言ったら…ほぼ見えない。運転時に至っては、わかりやすく明るくしてくれているライトたちも、工事中なのか、対向車なのか、前の車のバックライトなのか、止まっている車なのか、ただのろまな車なのか。色とか統一してほしい。歩いても駅から家まで白い服必須、どなたにもわかるように歩くようにしています。一寸先は闇。

え?スーツケースとの関係ですか?…ほんとに、気が付かない人には気が気が付きませんよね。ホテルって暗いんですよ。

…アジアの安ホテルの話ですみません。安いホテル?いやいや、それだけじゃなく、安いスーツケース(にありがちな?)黒い内装の布!(新しいやつはファスナーでゆるみがあるぶん影が多い)やめてください!!!イライラします。無理です。

今どき充電器やら、スマホやら、なんだかわからないコードやら、個人的に身に着けるものも黒いので、薄暗いとこであるのかないのか…触るしかない。アジアなら、虫とか、普通に入ってくる。ヘアゴムやら、ピンとか、おつまみのノリのおせんべいだって、あるかないかわからなくなる(気がするだけ?)。普段のバッグも、中が黒いものはどんどん処分中です。いらいらするので遠ざけるようにしています。

家で今日、昼間に広げて、紺色のエコバッグが入っているのに気が付かず、なのに、長期旅行、二日か三日の移動のたびに、ホテルの薄暗い光の中での梱包やら身支度は、どうしたらよいのか。…ほんとに、中の色でカバン選びたくはないです!…自分が一番いやです!めんどくさい。

好きなブランドでは、普段のカバンですが、最近のものは中が明るくて、わかってるな、好き♪って思ってました。中を明るくしてるわねって、結構、最近そんな気がしていました。他もそうなんだと思っていました。しかし、スーツケース~~~~(ちゃんとしたやつでも)最近のは暗い、暗すぎだよう~。黒じゃなくても紺やら茶色?。選び方書いてあるサイト?見ても汚れるから黒いのにしましょうって書いてある?えええ…。黒いと汚れに気が付きませんよ?使ったあと拭かなくなるよ?臭くなるよ?ホテル暗いよ?薄いグレー雑に結構長く使ったけど大丈夫よ?それより忘れ物するかもよ?てか、イライラするかもよ?

私がおかしいんでしょうか?ほんとに、普通に、最近までのわたしにとっても、”そんなこと?”なんですが。ネット通販で内装の写真は、なかなか、ちゃちゃっとたどり着けないし泣。

こんな、だれにでもあるような、老眼でさえ、選ぶ物、変わるのだから…、探すの大変なのだから…。急に体のどこかが不自由になったりしたら…。

ユーザビリティーというか、その前の想像力とか観察力って大事だな、と思った本日でした。

イラレとかフォトショ使うとき、パソコンの画面も変な画像に変えないで、無彩色のグレーにしなさい、色わからないでしょ、デザインできないでしょ、といわれたのも思い出す。

今日は愚痴ですね。カテゴリー増やします。またね。笑。

(裏テーマ、年寄り向け、スーツケース求む!。スーツケース作る会社のかたへ♪不満がないと新しいものは生まれないからね。
明るい内装、加齢臭対策?脱臭機能とか夜中のがさごそ対策?明るいスポット照明付きで♪ ←ヒャッキンでポーチにはセット済だけどね~♪ あと、軽く感じる持ち手の場所とか形とか。大き目のタイヤ!ゴム厚め、横にしておいたとき座れるとなおうれしい。メンテナンス保険つきで。~出来たらください♪笑)

結婚こんこん記念be-

あ、きょうは結婚記念日だ!と、思っているうちに

やがて時は過ぎ、終わってしまいました、笑。

ケーキ食べていい日なのに~お饅頭、笑。

もうしばらく、私がこの世にいる間、よろぴくね~♪

相変わらず赤ワインの夜の今日この頃。ばおーん。

60歳で家を建てる

60歳で家を建てる

”60歳で家を建てる”というタイトルですが、若い方にもおすすめです。
コンパクトな平屋のシンプルな暮らしに興味があれば、手に取って中身見てください~専門家の本にしては文章も中身もやわらかいので読みやすいと思います。

60歳で家を建てるの中身
60歳で家を建てるの中身

↑それでも飽きちゃったら最終章がおすすめです。もはや、家づくりとは関係ない(いいのかな)所長のエッセイ集でございます。

 

 

60歳から人生を楽しむ家「60(ロクマル)ハウス」セミナー

本日13:00より
朝日新聞総合住宅展示場ハウジングプラザ松戸にて
弊社代表湯山重行が来春住宅展示場にてセミナー講師をさせて頂きます。
60歳から人生を楽しむ家「60(ロクマル)ハウス」
残念ながらすでに定員に達したため申し込みは終了しております。

“60歳から人生を楽しむ家「60(ロクマル)ハウス」セミナー” の続きを読む